食事を見直して乾燥肌を改善

偏った食事、無理なダイエットは乾燥肌を招きます。化粧品でケアするだけでなく、内側からもケアしましょう。
肌の水分保持力は、細胞間脂質が80%、天然保湿因子が18%、皮脂が2%です。細胞間脂質と天然保湿はターンオーバーの過程で生まれます。肌の生まれ変わりに必要な栄養が不足すると、ターンオーバーが乱れて保湿成分のしっかりと作れません。その結果、潤い保持力が低下して乾燥肌になるのです。
肌細胞を構成しているのはタンパク質です。タンパク質が不足すると、材料不足でターンオーバーが乱れます。ダイエット中の方はタンパク質が不足しがちです。乾燥肌を改善するために必要なタンパク質を摂取するには、1日3食で毎回摂る必要があります。意識して摂取するようにしましょう。
朝お腹が空かないときは、豆乳やヨーグルトなど食べやすいものがおすすめです。パンと目玉焼き・ウインナー、和食ならご飯・納豆・味噌汁・焼き魚など、しっかり食べれるときは食べてください。
お昼はパスタなど単品メニューになりがちです。単品メニューは栄養バランスが悪く、炭水化物に偏っています。魚焼き定食、ショウガ焼き定食などタンパク質を含んだ定食がおすすめです。お昼はたくさん食べても太りにくいので、しっかりと食べておきましょう。
間食でもタンパク質を摂ります。ナッツ、チーズなどにタンパク質が多く含まれています。糖質が少ないので太りにくい間食です。
夜はカロリーが高いものは控え、消化によいものを食べます。大豆製品や白身魚はカロリーが低く消化によいです。
食事からしっかり栄養を摂ることでターンオーバーが正常になり、細胞間脂質や天然保湿因子などが作られるようになって潤いのある肌に変わってきます。