インターバル健康法

インターバル健康法とは?

健康寿命を伸ばす運動のやり方で、今、これを静岡県などでは頑張るように指導なされています。
これは、ながら運動だったりして、そんなに苦痛ではなく出来るものです。
美容と健康にはピッタリ!!
爪先立ちで2分、そから下ろして、また爪先立ちで2分。
これを「ながら」でやります。
次に前足をぐっと出して、前足90℃、後ろ足も90℃にします。これは、家の窓ガラスを拭くときなどに下を拭くときなどにやります!
あと、腕組みをして、足は肩幅に開き、膝を90℃曲げます。
これは、太股の前側の筋力をつける運動で、階段を上がったりするときにつまづいたりしなくなります。

 

たくさん歩くことが大事

あと、歩きを1日1万歩を目指します。
今までより1000歩多めに歩けるように頑張ることから始めます。

 

こういうのを約3か月。だいたいの人は気持ちよくなって、まだ続けていきたい、と言います。何人かでするのがいいみたいです。
これを老人になってもやります。

 

高齢になったときには早く歩くのと、遅く歩くのを交互にやります。
早く歩くのを3分、次に遅く歩くのを3分。
これを30分くらい、みんなでやります。
少なくても、これで代謝が促され、相当、血糖値や、高血圧の値が改善します。

苦しまずにながらエクササイズ

「ながら」で苦しまずに長く続けましょう!
こういう小さなことの積み重ねで、健康寿命が延びます。
お肌もツルッツル!!
顔の血色もいつもピンク!!
美を保つのに、若いとか、年寄りとかないんですよ。高齢者でも、まだまだ美しくなれるんですよ!!

 

高齢者に優しい運動は、若い人にも優しいんですね!
数字でいろいろ書いていくと、すごくよくわかるんで、驚きますよ。
美を保つためには、数字を意識して、かわいいノートに数字をたくさん記録していくこと、これも必要です!