髪のケアで心がけていること

私の髪は癖毛で量が多くてパサパサでモサモサでツヤが無くて湿気でうねって…という最悪な髪です。
なのでヘアケアはなるべくやるようにしています。

 

まずお風呂に入る前に必ずブラッシングをします。
からまった髪を梳かすという目的もありますが、ブラッシングをすることで髪や頭皮の汚れが落ちやすくなります。
忘れがちな工程ですが地味に重要です。

 

その後髪をシャワーで濡らします。
この時、サッと終わらせる方って結構多いと思いますが、しっかり念入りに濡らすことをオススメします。
髪の長さにもよりますが1〜2分くらいはやって下さい。
実はシャンプーを使わなくても、これだけで髪や頭皮の汚れの7〜8割くらいは落ちるんです。

 

シャンプーは頭皮にそのままつけるのではなく泡立ててからつけます。
指の腹を使って洗い、しっかり流します。
その後軽く水気を絞り、リンスを毛先中心につけ、また流します。
リンスの前に髪の水気を絞るのは、水でリンスが薄まってしまわないようにする為です。
また、リンスを頭皮につけると毛穴に詰まったりする原因になるので、髪だけにつけるようにして下さい。

 

その後はタオルドライで髪の水気を切っておきます。
ゴシゴシするとキューティクルが剥がれてしまうので、ポンポンと抑えるようにしてタオルドライをします。
その後洗い流さないトリートメントをつけます。
ドライヤーの熱から髪を守る効果もあるし、髪がまとまりやすくなるので洗い流さないトリートメントは必ずつけるようにしています。

 

髪は面倒でもドライヤーで乾かすようにします。
「ドライヤーで乾かすと傷む」というのは間違いです。
濡れたままの髪は非常にデリケートで、キューティクルが剥がれやすい状態です。
つまり、ドライヤーで早く乾かした方が髪が傷むのを防ぐことが出来ます。
完全に乾かさなくても8〜9割くらい乾けば大丈夫です。
私は髪が多くてなかなか乾かないので、ブロッキングをして乾かしています。
ブロッキングと言ってもハーフアップをする時みたいに髪を適当に2つに分けるだけです。
これだけでも大分早く乾かすことが出来ます。
最後に洗い流さないトリートメントを少しつけて終わりです。

 

因みに使っているシャンプー、リンス、トリートメントなどは全てドラッグストアで売っている安いものです。
簡単なことしかしてないので綺麗な髪とは言えませんが、何も手入れをしていなかった頃よりは髪がまとまるようになってきました。
これからも頑張ろうと思います。