透明感のあるお肌になるには

透明感のあるお肌は女性の憧れです。
そんな透明感なお肌になるには、日頃のちょっとした心がけでくすみのない透明感のあるお肌になることができます。
透明感のあるお肌は艶やかでそれだけで美しく華やかな印象になります。高級化粧品やエステになど通わずしても大丈夫!
特別なお手入れや特別な事は何もする必要はありません。
透明感のあるお肌になるためには、日頃から簡単に出来るお手入れ方法を取り入れるのが一番です。

 

@ 顔のうぶ毛を処理する。

腕や脚、脇などの体毛と比べて、顔のうぶ毛は怠りがちです。
細くて薄い毛ですので、それほど気にしている方も少ないと思いますが、うぶ毛があることで、顔に薄い膜が張っているような見た目になってしまうのです。ですので、うぶ毛を処理し、くすみのない明るいお顔を目指しましょう。
産毛があるとメイクの乗りも悪くなってしまいます。
また化粧水の浸透率を妨げるということも起きます。

 

A 保湿はたっぷりと行う。

お肌の透明感と水分は、密接な関係があります。
お肌の乾燥は、くすみを招き、透明感をどんどん失わせてしまうのです。お水をたっぷりと含んだお肌は透明感が増していきます。
ですので、たっぷりの保湿は欠かせません。
乾燥はお肌に様々なトラブルを招きます。ですので、とにかく保湿を怠らないようにしましょう。夏は特に保湿を怠りがちになりますが、夏は季節の中でも特にお肌が乾燥しやすくなると言われています。紫外線やエアコンなどにより、お肌は乾燥しやすくなり、くすみやすくなります。

 

B 角質の除去

お肌に古い角質が残ったままだとお肌はくすみ、透明感を失っていきます。ですので、週に一度は古い角質を除去する必要があります。
古い角質がお肌に残っていると化粧水や美容液の浸透を妨げてしまいます。古い角質を除去するにはスクラブ洗顔やピーリング、ゴマージュの効果のあるジェルやパックで角質ケアを行いましょう。
角質の除去は、お肌に負担のかかることもありますので、くれぐれもやり過ぎは控えましょう。