初フォトフェイシャルの感想

40歳の節目にフォトフェイシャルをしました

幼い頃からそばかすが顔に広がっていたうえ、
加齢とともにニキビ跡なのかシミなのか、どんどん透明度は下がっていく一方でした。
40歳の誕生日をきっかけに、皮膚科に予約を入れました。
皮膚科の医師と相談した結果、フォトフェイシャルを施術することに。
ネットでフォトフェイシャルを調べると、シミが剥がれ落ちるという声が多数あり
期待できる一方、痛みを伴うとありました。
その痛みは「ゴムをパチンとあてた感じ」というレベルとのこと。

 

正直痛みは相当でした

いざ、施術を受けるとき。
まず顎と耳を間の真ん中あたりを、一回照射されました。
看護師に「痛みは大丈夫ですか?」と確認されたのですが
この時点では想像より痛みは少なく感じました。
が、その後顔全体に照射されたのですが、目の周りや鼻の下、さらに額は寒気がするほど激しい痛み。
施術が終わるころには涙目になっていました。

 

世の中の女性は、この痛みに耐えて美を手に入れていると知り、つくづく尊敬します。

 

値段は高くても効果には満足

施術後3日程経つとネットの口コミ通り、シミが浮いてきてポロっと剥がれ落ちてきて、目に見えて効果があるのがわかり満足しました。
一回の施術で19,800円。
私にとって安い金額ではなかったけれど、それなりに効果もあったのでよかったです。
ただ、今後も続けるならばあの痛みに耐える必要があり、その点では逃げ腰なのも事実ではあります。

 

まとめ

皮膚科の医師の話によると、通常4回ほど施術して、その後さらに効果を期待するのであれば、フラクショナルレーザーに移行してもよいとのことでした。
しかもフォトフェイシャルの照射のパワーは回を重ねる毎にアップしていくらしいです。
4回で8万円弱。
その4回の施術で「透き通る素肌」が手に入るのか。
そしてあの照射のパワーに私は耐えられるのか。
頑張れるだけがんばってみようと思います。