目の下のたるみを改善するため日々していること

地味に気になる目の下のたるみ

最近目の下のたるみが気になりだした。ここがたるんでいると確実にマイナス5歳には見られてしまう。メイクでたるみ部分を光で飛ばして目立たないようにしたり、メガネのフレーム部分がちょうどたるみにあうものを着用したりして今まではなんとかごまかしてきた。ただそれだけでは最近こころもとなくなってきた。たるみをとる美容整形もあるようだがそこまでする気はない。これ以上目立たなくするため目元のケアをはじめた。

筋肉を鍛えて引き締める

まずは、目元の筋肉を鍛えること。目元の表情筋は鍛えなければ衰えてしまい、それが目元のたるむ原因にもなっているらしい。パソコンやスマートフォンをじっと見ることが多くなっているのが原因だ。
それを防ぐには表情筋のエクササイズをすればよいとのこと。顔は正面を向き眼球だけ上に向け、下まぶただけで目を閉じる。これを一度に10回行う。普段はなかなか動かさない部位である。一日一分程度でできるので朝、顔を洗ったついでに鏡の前ですることを習慣づけた。

マッサージも同時に

次に目元のマッサージである。血流が悪いと肌色が悪くたるみがより目立ってしまう。今より肌色を明るくするためエクササイズが終わった後マッサージをすることにした。目頭から目じりにかけて人さし指と中指で軽く5回ほどたたく。そして最後にやさしくなぜるようにながす。終わった後目元がすっきりしむくみも改善された。

保湿して終了

最後にすべてが終わったら保湿である。コットンに化粧水をたっぷりふくませて目元にあて、コットンパックを行った。
目元の乾燥はしわなどの原因にもなるので要注意である。終わった後は目元がぷりぷりになり、たるみにも多少いいのではないかと思う。
これらを続けることで少しでもたるみをくい止められたらと日々行っています。